投資初心者必見

投資を始めてみよう

新年が空けて今年こそは投資をしてみよう、と考えている人もいるかもしれません。投資には株や債券、不動産がありますが、その中でも不動産に興味を持っている人が多いと思います。

 

不動産投資は比較的楽

不動産が株や債券と異なる点は、購入すると基本的に何もしなくても良い点です。株や債券は常に価格が動きますので、注意深く見守っている必要がありますが、不動産は短期的には何もすることはないので楽な投資と言えると思います。

 

そんな不動産投資ですが、サラリーマンなどよほどのお金持ちでない場合、ワンルームマンションに投資するというケースが多いと思います。ワンルームマンション投資は昔からあり、多くの人が利用している一般的な投資方法です。
ワンルームマンションに住んでいるのは大学生や社会人になって間もない人が多いため、部屋が空くとすぐに別の人が住みはじめるので、空室になることがあまりないというメリットもあります。

 

しかしこうした物件はごく一部だといわれています。ワンルームマンションは駅から近いとか、大学の近くあるなど立地が良くないと空室ができてもなかなか次の入居者が埋まらず、家賃収入が入ってこないという心配があります。
家賃収入が入ってこないとローンが返済できず、困ってしまう人もたくさんいるといわれていますので注意が必要です。

 

ですのでワンルームマンション投資をするときには、立地をよく調査したうえで契約する必要があります。駅から近い便利な場所にあったり人気のエリアだと、多少築年数が経過しても入居者は入る確率が高いと思います。
また大学の近くでもレベルの高い人気の大学だと、この先もなくなる可能性は低いと言えますが、レベルの低い不人気こうだと少子化の影響でなくなってしまう可能性もあり得ます。
このようにワンルームマンション投資にはリスクが付き物ですので、不動産業者の勧誘には疑いの目を向けながら物件選びをしましょう。